西村菜美 オカリナコンサート

・日時:2017年9月10日(日) 

 

 オカリナフェスタ終了後、約20分の休憩の後、

 開演の予定。

 開演予定時刻は15時30分です。

 (コンサートは45分間)

 オカリナフェスタ終了時刻により

 開演時刻が多少変わりますのであらかじめご了承下さい。

 

 オカリナフェスタは入場無料ですが、

 ゲストコンサートは有料です。

 

 開演5分前になりましたら、スタッフが

 お席までチケットの確認に参りますので、

 ひざのうえにチケットをおいてください。

 

  

・出演:西村菜美(ocarina) 

    山本光恵(piano) 城戸英行(bass)

              スズキトモヒサ(percussion)  

  

 ・入場料:1500円 高校生以下は無料(要整理券)

 

・チケットのお求め方法

 1. トップページから「お問合せ」をクリックして

    お問合せフォームに、住所・氏名・電話番号、

    西村菜美コンサートチケット何枚と書いて

    お申し込みください。

 

 2. 南大阪オカリナフェスタ事務局へお電話ください。

   (080-4707-8678 18時~21時)

 

 ※高校生以下の無料整理券は、上記2でのみ取り扱います。


 ・ゲスト プロフィール

西村菜美(ocarina)

 

都内近郊を中心に活動する、フルート&オカリナ奏者。クラシックで培った透明感のある音色と情熱的なブラジリアン&ラテン音楽での演奏等に定評がある。親しみやすいキャラクターで、子供から老人まで広く支持されている。

 

略歴

長野県松本市出身。

武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科フルート専攻卒業。フルートを高久進、青木明、居石ひとみ、坂上領、赤木りえの諸氏に師事。オカリナは、音大卒業後に本格的な演奏活動を開始。各種コンサートへの出演や楽器フェアでのデモ演奏、オカリナでの単独コンサート、専門誌への連載なども行い活動の幅を広げている。

 

現在の活動

自身のリーダーバンドや各セッションなどで精力的に活動する傍ら、ピアニスト山本光恵&パーカッショニストRINDA☆とのブラジリアンユニット「CasaCheia(カザ・シェイア)」やピアニスト門田裕美とのデュオユニット「ゆみなみ」、クラシックユニット「La turip(ラ・チュリップ)」のメンバーとしても活動している。その他、シンガーのサポートなどでジャンルを問わず活動中。オカリナ&フルート教室や保育園演奏などを行い音楽の普及に務めている。近年発売された、ソロアルバムも好評発売中。

ソロCD

2011年 自己の1stソロCD「Sweet Music」を発売。

2012年 2枚目のソロCD「For you」を発売。

2014年 3枚目のソロCD「Little Story」を発売

2016年 オカリナCD「ことりたちのパレード」を発売

2016年 企画CD「カフェで聴きたいJazzFlute」を発売

 

参加ユニット

2015年Casa Cheia「Partida」

 

レコーディング参加作品(順不同)

今井ゆうぞう『君と歩いた時間』

SAMBISTA GBL『ジブリサンバ』

神山みさ『Live for someone』

elect-link『ON YOUR WAVE』『Garden Notes』『Smooth Flavor』 

鹿島美和『Miwacita』

国本剛章 WORKS『ひつじの丘』

RINDA☆「Mundo Das Estrelas ホシのセカイ」

 

メディア掲載

アルソ出版季刊誌「オカリナ」にインタビューが掲載の他オカリナ奏法に関する不定期連載

も行う。

ニコニコ生放送のイベント『闘会議2016』のコーエーテクモゲームスの『ゼルダ無双 ハイ

ラルオールスターズ』ステージに出演し出演者(声優の青木瑠璃子さん他)にオカリナを指

導、ゼルダの伝説の楽曲を演奏などおこなう。

日本TVの情報番組「シューイチ」内でオカリナの指導を行う。

 

受賞歴

日本クラッシック音楽コンクール大学の部5位入賞。

大阪国際音楽コンクール アンサンブル部門入選。

2014年クリヤマコトpresentsアドリブコンテストへオカリナでの演奏で入賞。


山本光恵(piano)

 

HP:http://mitsueyamamoto.com/

大阪出身。4歳からピアノを始め、歌謡曲やゲーム音楽を耳コピーで弾いて楽しむ。

大阪音楽大学短期大学部ポピュラーピアノコース、甲陽音楽学院ジャズピアノ科卒業。ジャンルにとらわれることなく、ライブやアーティストサポートなどの演奏活動、作曲、音楽制作を行う。2015年7月、自身の参加するユニット Casa Cheia(カザシェイア)の1st CD、「PARTIDA」をリリース。

 

【近年の参加作品】

映画「こっくりさん 恋獄版」(楽曲制作)

舞台 Women In Tap「”A” Woman in Music」(楽曲制作、Pf)

舞台 sola 「Level 3」(Pf、楽曲制作)

CD 西村菜美「Little Story」(Pf、アレンジ)

CD Eva Aine(Pf、Key)

北海道大空町 合併10周年記念ソング「羽ばたこう、大空へ」(ストリングスアレンジ)

音楽劇「御手洗さん」(楽曲制作)

CD Casa Cheia 「PARTIDA」(Pf、楽曲制作、アレンジ)

CD 西村菜美「ことりたちのパレード」(Pf,アレンジ)

舞台「DIABOLIK LOVERS」(楽曲制作)

舞台「増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和」(楽曲制作)

映画「マスタード・チョコレート」    

etc…

 


城戸英行(bass)

 

神奈川県逗子市出身。

幼少の頃からピアノを学び音楽に親しむ。

高校時代よりてベースを手にする。その後、ヤマハ音楽院へ入学しエレクトリックベースを学ぶ。エレクトリックベースを鹿島達彦、バカボン鈴木、後藤眞和、永井敏巳、小泉哲夫、吉岡大典、コントラバスを田辺等、音楽理論/作編曲を鬼武みゆき、各氏に師事。現在は、ラテン音楽に傾倒しブラジリアン、アフロ・キューバン音楽を中心に都内近郊で活動。アーティストのサポートやレコーディングで活動するかたわらラテンピアニスト鹿島美和とのユニットTropicanduoで活動中。後進の指導にも積極的にあたる。近年は北側記念ロシア民族楽器オーケストラへ所属し、ロシア民族楽器であるコントラバス・バラライカ奏者としても活動。


スズキトモヒサ(percusson)

 

1990年9月2日生まれ、神戸市出身。

幼い頃からピアノを習うが、10歳でドラムに転向し、その後、中学時代より各種パーカッションも始める。菅沼孝三氏、カルロス菅野氏らに師事した後、20歳の頃よりプロとしてのキャリアをスタート。

2006年、菅沼氏のDVD「究極のスティックコントロール」にゲスト出演。

2010年には「PASIC 2010(全米打楽器国際コンベンション)」内のドラムセット・コンペティション(R&B, Funk, Gospel 部門)にて準優勝。

現在は関西や首都圏を中心に様々な演奏活動、レッスンを展開。クラシックやマーチングといった分野までの幅広い経験を生かし、

様々なジャンルのプロジェクトに参加するマルチ・パーカッショニスト。

Pearl Drums & Percussion(パール楽器製造株式会社)公式エンドーサー。

 

これまでの主な共演者(敬称略/五十音順)

Steve Allee(pf)、Jérôme Fouquet(tp)、David Matthews(pf / Manhattan Jazz Orchestra)、納 浩一(b)、クリヤ・マコト(pf, key)、黒沢ダイスケ(g / コナミデジタルエンタテインメント)、桑原あい(pf)、菰口雄矢(g / TRIX)、菅原 敏(pf, key / Re-trick)、高木里代子(pf)、まつ乃屋栄太朗(芸者)、ミス・サリバン(プロジャグラー)、南 里沙(hca)、

向井志門(sax / オーサカ=モノレール)、元晴(sax / SOIL & "PIMP" SESSIONS)、矢吹 卓(pf, key) 他

http://soopydrums.blogspot.com