ゲストのプロフィール


オカリナデュオ&ピアノ

 

茨木智博 Ibaraki Tomohiro

トランペット・オカリナ奏者。

トランペット、フリューゲルホルン、数十本のオカリナを操り演奏活動を行う。

クラシック、ポピュラー、ジャズなど幅広いジャンルの音楽による演奏は、その柔軟な音楽性によって多くの支持を得ている。 現在自身のコンサート活動を中心に、ライブ、レコーディング、依頼演奏等を積極的に行っている。 

特に小規模なホールやカフェ、ギャラリーなどあらゆるシーンで聴衆がトランペットやオカリナ、そして音楽そのものを身近に感じることのできる演奏活動を展開する。 また、まだ未開拓な部分も多い楽器であるオカリナによる音楽の芸術性を高め、新たな世界観を広げていく演奏家として注目を集めている。 

2011年日本クラシック音楽コンクールトランペット部門第2位。

2018年までにオカリナ奏者として計10枚のCDをリリースし、いずれも好評を博す。2013年7月にユニバーサルミュージックよりCD『Ocarina Songs』でメジャーデビュー。

2018年4月東京オペラシティリサイタルシリーズ「B→C」にオカリナ奏者として初の出演。新作委嘱作品2曲を含む意欲的なプログラムのコンサートを行う。

洗足学園音楽大学ワールドミュージックコース・オカリナ科講師。2018年より兵庫県宍粟市「宍粟観光大使」を務める。

東京音楽大学卒業(トランペット専攻)。トランペットを飯塚一郎、杉木峯夫、福田善亮、佐藤友紀の各氏に師事。

【URL】 http://www.ibarakitomohiro.com/ 

 


山本奈央(Nao Yamamoto) 
オカリナ(Ocarina)

大阪府河内長野市出身。幼少よりエレクトーンやピアノを通して幅広く音楽に親しむ。関西大学在学中、同大学交響楽団に所属しフルートを始める。卒業後、介護スタッフとしてデイサービスで勤務する中で音楽の時間を担当し、オカリナと出会う。2013年よりオカリナ奏者として活動を本格開始。国際芸術連盟第1回大阪音楽コンクール管楽器部門にオカリナで入選。クラシックの曲目を中心に、童謡唱歌や映画音楽などのなじみ深い曲目も多数取り入れた幅広く多彩なレパートリーが好評である。2017年より拠点を東京に移し、現在は東京・大阪を中心にソロ活動のほか、学校や福祉施設などへのアウトリーチ事業に参加し力を入れている。(一財)地域創造 公共ホール音楽活性化事業(おんかつ)

 H30・31年度登録アーティスト。2017年、1stアルバム『めぐり逢い』(オカリナ&ハープ)リリース。

山本奈央オフィシャルブログ【URL】ameblo.jp/ocarina-nao

 


森 悠也(もり ゆうや)ピアノ

東京音楽大学作曲専攻(映画放送音楽コース)卒業。卒業後半年でNHKドラマ8「ROMES 空港防御システム」の音楽を担当し作曲家としてデビューする。その後多くのテレビ・ラジオ番組やCM音楽の作編曲を手掛ける。代表作として、アニメ「ドラゴンボールヒーローズ監獄惑星編」、映画「鋼の錬金術師」、アニメ「生徒会役員共」シリーズ、NHKBSP「京、ぶらり。」、ベルリンフィルViolin Ensemble編曲「春の海」、和楽器オケあいおい委嘱楽曲など。

また2017年よりNHK大阪局が取り組む「STOP!危ない自転車運動」のキャンペーンソング(歌唱:川中美幸)のアレンジも担当。

他、ピアニストとしても多ジャンルにわたるアーティストとの共演を中心に活動している。

 


オカリナ&マリンバデュオ「森の詩」

2010年12月オカリナ奏者佐々木一真とマリンバ奏者可児麗子によって結成。土から生み出されるオカリナのやわらかな音と、木から生み出されるマリンバの包み込むような音。この2つの楽器が奏でる、この組み合わせでしか出せない「響き」を活かし、様々なジャンルの楽曲を独自のアレンジで演奏している。

2013年1stアルバム「小さな夢の歌 Little Dream Songs」、2019年2ndアルバムをリリース。

2013年南大阪オカリナフェスタ特別企画出演。2014年オカリナ・ワールド・フェスティバル in 倉敷にゲスト出演。2015年12月に結成5周年記念ツアーを岡山、京都、大阪で開催。

「森の詩」オフィシャルホームページhttp://www.moriuta.com

 


佐々木一真

岡山県津山市出身。13歳よりトロンボーンを始める。

明誠学院高等学校普通科特別芸術コース吹奏楽系を経て、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科管・打楽専攻卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻を修了(トロンボーン)。大学院在籍時よりオカリナでの演奏活動を始める。大学院修了後、本格的にオカリナに転向。現在はプロのオカリナ奏者として関西を中心に活動している。2013年、2015年にイタリア・ブドゥリオの国際オカリナフェスティバルに参加、現地で演奏を行う。第1回 日本オカリナコンクール 独奏部門 一般の部 1位。

各地でソロ、アンサンブルの演奏会を行う傍ら、大阪、奈良、兵庫、岡山など広域にわたりオカリナの指導も行っている。


可児麗子

兵庫県神戸市出身。8歳よりマリンバ、14歳より打楽器を始める。

神戸山手女子高等学校音楽科を経て、京都市立芸術大学音楽学部音楽学科管・打楽専攻卒業。同大学大学院音楽研究科修士課程器楽専攻を修了(打楽器)。同大学卒業演奏会、打楽器新人演奏会、アゼリア推薦新人演奏会等に出演。第17回宮日音楽コンクール打楽器部門最優秀賞受賞。第18回KOBE国際音楽コンクール打楽器C部門奨励賞受賞。第16回"長江杯"国際音楽コンクールアンサンブル部門入賞。

第3回アルジェントコンサートにおいてジョイントリサイタルを開催。第12回安倍圭子国際マリンバアカデミーに参加。オーディション合格者によるプレミアムコンサートに出演。これまでに栗山未知、宮本慶子、伊藤朱美子、山本毅、種谷睦子、名倉誠人の各氏に師事。菊水福祉会菊水幼保こども園マリンバ・打楽器講師。マリンバデュオTIERRAメンバー。